【コインチェック】口座開設・本人認証・二段階認証の設定方法

コインチェックはPCでもスマホからでも簡単に口座開設。誰でも1000円から仮想通貨を購入できます。

 

さらに、このページから登録すると最大5000円分のビットコインがキャッシュバック!

コインチェックの口座開設

コインチェックの登録ページ

メールアドレスパスワードを入力しアカウント作成をクリックします。

安全なパスワード設定方法はこちら→

コインチェックのメール確認画面

登録のメールアドレスへ確認メールが届きます。

Zaifの画像認証画面

上記のようなメールが届きますので、HTMLで表示をします。

Zaifからきたメールアドレス認証メールの内容

表示されているURLをクリックしたら、コインチェックの登録は完了ですが、仮想通貨を購入するには本人確認が必要です。

 

本人確認前はサービスの閲覧とアフィリエイトの利用のみ行うことができます。

2段階認証設定

本人確認の前に重要なセキュリティの設定を行います。

2段階認証アプリGoogle Authenticatoのスクショ

“iPhone” or “android”のアプリで“Google Authenticator”を入手します。

コインチェックの2段階認証設定の場所

設定から2段階認証を選びます

コインチェックの2段階認証設定画面

“Google Authenticator”に表示されている6桁のワンタイムパスワードを入力したら設定完了です。

本人確認

コインチェック電話番号認証画面

設定より電話番号認証を選び、ご利用の携帯番号を入力します。

 

SMSにて確認コードが届きますので、確認コード欄へ番号を入力したら認証完了です。

 

次に基本情報と身分証明書をアップロードします。

コインチェックの基本情報入力画面

例が記載されていますので、案内通り情報を入力してください。

 

主な本人確認書類は次の通りです。

  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 運転免許証
  • 住民基本台帳カード
  • マイナンバーカード

※マイナンバーの裏面はアップロードしないでください

 

尚、入力住所と証明書の住所が相違していた場合は承認されません。

また、承認された住所へ本人確認のハガキが送付されますので、旧住所での登録もできません。

 

身分証の住所変更が済んでいない方は、先に住所変更が必要です。 

※住民票の変更は必要ありません。

 

アップロードした本人確認書類が承認されれば、入金・仮想通貨の売買が可能になります。

出金は本人確認完了後になります。

 

本人確認ハガキ画面

本人確認のハガキを受け取った時点で本人確認完了となります。

 

完了後は全機能を使用できるようになり、コインや日本円の出金も可能となります。


仮想通貨取引所ランキング

人気記事


AKANEMです。

 

最期まで読んでいただき、ありがとうございます。

簡単に自己紹介します。

 

私が仮想通貨を始めたキッカケは、2017年5月のリップル(XRP)急上昇でした。

 

当時は、ビットフライヤー以外の全ての取引所を信用していませんでした。コインチェックという謎企業に口座を開くのは怖かったので、友人が使っていた海外の取引所に口座開設してXRPを買ったのが初めての取引です。(※今はコインチェックもバリバリ使ってますw)

 

それから「ブロックチェーン技術」をイチから勉強して様々な通貨を学び、メモが増えてきたので「どうせなら皆に見てもらおう」という思いから、このブログを始めました。

 

このブログが「これから仮想通貨を始める方」「仮想通貨初心者の方」の有意義な情報となれば幸いです。

 

つまり、このブログを通して何を伝えたいのかを3行でまとめると。

  • NEMを買え!

です。