COMSAでICOする企業メリットと投資家が思う懸念点

COMSAロゴ

COMSAとは

テックビューロ株式会社がローンチするICOプラットフォームです。

IPOで考えると証券会社+監査法人のようなイメージですね。

 

ブロックチェーン技術を100%理解できている人はエンジニアの中でも少数ですから、仮想通貨でICOしたくてもできない企業はたくさんいるでしょう。COMSAはそんな企業のICOをサポートするICOソリューションです。

 

その証拠にCOMSA発表後からは世界中からテックビューロへ問い合わせがあり、朝山社長も「10社に9社は断っている」と発言するほど。

COMSAでICOするメリット

企業がCOMSAでICOするメリットは「信頼が得られる」というのが一番大きいと思います。

 

世界中に数々のScam(詐欺)コインが出回っていますが、COMSAを利用する事でテックビューロが運営する仮想通貨取引所「Zaif」に上場する事は確実です。

 

そのため投資家は安心して投資ができるようになります。

 

企業側としてもトークン(仮想通貨)はNEMが提供する「ネームスペース」や「モザイク」で簡単に発行することができますし、ブロックチェーンのスペシャリストがホワイトペーパー(目論見書)の整備から、ブロックチェーン導入プラン、国内外へのPR、トークンセール(売り出し)のツールまでをひとまとめに請け負ってくれます。

 

現在、ETHベースのICOは人気がありますが、その他ビットコイン2.0を活用したICOはお金が集まりにくいですよね。

それはETHに実績と信頼があるからです。

 

同じようにCOMSAを利用し信頼が得られれば資金調達も成功しやすくなり、新しい事業にも拍車がかかるというものです。

 

IPOとの違い

「IPO」ではなく「ICO」で資金調達するメリットとはなんなのか?

 

それは「企業の成長を鈍化させないこと」だと思います。

 

株式上場をするという事は経営陣以外の人が自社の株を持つという事です。「株主=オーナー」ですから、経営陣は株主の目を気にしながら経営しないといけません。

 

とても面倒な承認フローを導入しなければならず、決断が遅くなりスピードの速い企業に遅れを取る事になります。

 

また、監査役や社外取締役を設置しなければならないなど、上場基準を満たすのに1億~2億程度かかるのが一般的です。

 

これではどんなに将来性あるベンチャー企業でも、時間もコストがかかっていてはハードルが高すぎます。

 

しかし「ICO」であれば、株主は創業者なのでオーナー社長の一存で事業の方向を決めることができますし、僅かなコストで資金調達を行えます。

 

借金でもないので金融機関からの圧力も無く、自由に経営を行えるようになるのです。

COMSAの懸念点

IPOと比べると簡単かつコストもかからず、社内の制度も整備する必要がありません。

 

これはどういうことかというと、ICO企業はマザーズ市場よりリスクが高いという事です。

大赤字でもICO出来ますし、オーナー社長に全ての権限がある関わらず、監視する人がいないということです。

 

極端な話をすれば「投資家に指摘を受けても、社長が聞く耳持たずで自分の考えを押し通す」ことも可能ということです。

 

また、株式上場と異なりICOを行うことで銀行の評価が上がることはないので、借り入れも難しいと考えられます。

ですからICO企業は株式上場企業よりも倒産するリスクも高いと考えます。

 

ICOに投資する場合は企業の財務状況や事業内容だけではなく、経営者の人柄も投資判断の材料になるのではないでしょうか。

 

とはいえICO協議会員には信頼できる方々がずらりと並んでいるので、危ない企業がICOすることは無いと思いますけどね(笑)


■ICO協議会員一覧

 

Lon Wong

NEM.io財団の代表理事。ドラゴンフライフィンテック(シンガポール)のCEO

 

Jeff McDonald

NEM.io財団の代表副理事

 

村口 和孝

COMSAのパートナー。日本テクノロジーベンチャーパートナーズ代表であるベンチャーキャピタリスト

 

平野 洋一郎

インフォテリア株式会社代表取締役社長(マザーズ:3853)

 

西村 依希子

株式会社マネーパートナーズ広報・新規事業推進室長

(マネーパートナーズグループ/東証一部: 8732)

 

狩野 仁志

株式会社フィスコ代表取締役社長(JASDAQ:3807)

 

八木 隆二

株式会社カイカCEO兼代表取締役会長(JASDAQ:2315)

 

兼元 謙任

株式会社オウケイウェイヴ代表取締役社長(名証セントレックス:3808)

 

岩井 陽介

アララ株式会社代表取締役

 

Nate D'Amico

CEO of DTK.io テックビューロの開発パートナー

 

田中 邦裕

さくらインターネット株式会社代表取締役社長(東証一部:3778)

 

小笠原 治

株式会社ABBALab代表取締役

 

佐藤 航陽

株式会社メタップス代表取締役社長(マザーズ:6172)

 

井面 善友

東海東京証券 企業金融部長(東証一部:8616)

 

伊藤 昌彦

三菱UFJ信託銀行株式会社経営企画部副部長 FinTech推進室長

 

志茂 博

コンセンサス・ベイス株式会社のCEO。JPX、大和証券、ソフトバンクなどのブロックチェーン実験を実施。

Ethereum Enterprise会員

 

宍戸 健

東京ビットコイン会議

 

大石 哲之

株式会社ユナイテッド・ビットコイナーズCSO

 

家入 一真

株式会社CAMPFIRE CEO

 

中村 仁

株式会社お金のデザイン CEO

 

 

今、決まっているICO案件も上場企業の「プレミアウォーター(2588)」だったり、一度上場を経験している家入さん率いる「CAMPFIRE」なので、滑り出しはまずまずですね。

 

もっと大型案件がくれば再びICOバブルが来るかもしれません。

 

COMSAでICOに参加する方法

ICOに参加するには4種類の仮想通貨「XEM・BTC・ETH・CMS」で投資をします。

※CMSはまだローンチされていません

 

ICO第一弾

10月2日からCOMSAトークン(CMS)のICOが始まります。

 

このトークンでICOに投資をすると5%のプレミアが付きます。

COMSAのICOが活発になればなるほど、XEMやBTCなどの他の通貨よりも優遇されるためCMSの価値があがっていくわけですね。

 

逆もしかりCOMSAでICOする企業がいなければ価値は下降の一途を辿ります。

 

初めは「$1=1COMSA」でICOが行われますが、Zaif上場後は価値が変動しますので「1COMSA=10$」だった場合には「$10+5%」で投資ができるわけです。

 

ICOに参加したい方、興味がある方は事前登録を行いましょう!

 

事前登録:https://tokensale.comsa.io/?ref_id=6bcffc448fb0ff4cb5caad6f818a17b3

 

また、テックビューロの朝山社長いわくZaifからなら簡単にICOに参加できるようになるそうです。

まだZaifに登録していない方は合わせて登録しておくと良いと思います。