COMSAを利用する企業のメリットとは

COMSAロゴ

COMSAとは

テックビューロ株式会社がローンチするICOプラットフォームです。

IPOで考えると証券会社+監査法人のようなイメージですね。

 

ブロックチェーン技術を100%理解できている人はエンジニアの中でも少数ですから、仮想通貨でICOしたくてもできない企業はたくさんいるでしょう。COMSAはそんな企業のICOをサポートするICOソリューションです。

 

その証拠にCOMSA発表後からは世界中からテックビューロへ問い合わせがあり、朝山社長も「10社に9社は断っている」と発言するほど。


COMSAでICOを行う企業メリット

企業がCOMSAでICOするメリットは「信頼が得られる」というのが一番大きいと思います。

 

世界中に数々のScam(詐欺)コインが出回っていますが、COMSAを利用する事でテックビューロが運営する仮想通貨取引所「Zaif」に上場する事は確実です。

 

そのため投資家は安心して投資ができるようになります。

 

企業側としてもトークン(仮想通貨)はNEMが提供する「ネームスペース」や「モザイク」で簡単に発行することができますし、ブロックチェーンのスペシャリストがホワイトペーパー(目論見書)の整備から、ブロックチェーン導入プラン、国内外へのPR、トークンセール(売り出し)のツールまでをひとまとめに請け負ってくれます。

 

現在、ETHベースのICOは人気がありますが、その他ビットコイン2.0を活用したICOはお金が集まりにくいですよね。それはETHに実績と信頼があるからです。

 

同じようにCOMSAを利用し信頼が得られれば資金調達も成功しやすくなり、新しい事業にも拍車がかかるというものです。


IPOとは違うICOの企業メリット

「IPO」ではなく「ICO」で資金調達するメリットはなんだろう?

 

それは「企業の成長を鈍化させないこと」だと思います。

 

株式上場をするという事は経営陣以外の人が自社の株を持つという事です。「株主=オーナー」ですから、経営陣は株主の目を気にしながら経営しないといけません。とても面倒な承認フローを導入しなければならず、決断が遅くなりスピードの速い企業に遅れを取る事になります。

 

また、監査役や社外取締役を設置しなければならないなど、上場基準を満たすのに1億~2億程度かかるのが一般的です。これではどんなに将来性あるベンチャー企業でも、時間もコストがかかっていてはハードルが高すぎます。

 

しかし「ICO」であれば、株主は創業者なのでオーナー社長の一存で事業の方向を決めることができますし、僅かなコストで資金調達を行えます。

 

借金でもないので金融機関からの圧力も無く、自由に経営を行えるようになるのです。


投資家が思うICOの懸念

IPOと比べると簡単かつコストもかからず、社内の制度も整備する必要がありません。

 

これはどういうことかというと、ICO企業はマザーズ市場よりリスクが高いという事です。

大赤字でもICO出来ますし、オーナー社長に全ての権限がある関わらず、監視する人がいないということです。

 

極端な話をすれば「投資家に指摘を受けても、社長が聞く耳持たずで自分の考えを押し通す」ことも可能ということです。

 

また、株式上場と異なりICOを行うことで銀行の評価が上がることはないので、借り入れも難しいと考えられます。ですからICO企業は株式上場企業よりも倒産するリスクも高いと考えます。

 

ICOに投資する場合は企業の財務状況や事業内容だけではなく、経営者の人柄も投資判断の材料になるのではないでしょうか。

 

ちなみに、このCOMSAトークン(CMS)はNEMのモザイクで作られています。NEMについて詳しく知りたい方は下記をご覧ください。

仮想通貨取引所ランキング

人気記事

ビットコインはもう古い!これから上がるオススメの仮想通貨ベスト3
NEMネムの特徴や将来性、ビットコイン・イーサリアムとの比較
これから仮想通貨を始める方に伝えたい投資リスクと対処法
ブロックチェーン技術で変わる未来と仮想通貨の将来性
日本で買える仮想通貨 全14種類の特徴と使い道
仮想通貨ブログホームへ戻る

AKANEM