仮想通貨に投資するのはどんな人達なのか?/1600人にアンケート

暗号通貨に投資している人たちは他にどんな投資経験があるのか調査をしてみました!

 

アンケートにご協力いただいた1600人の皆さま、ありがとうございます。


アンケート結果

ビックリな結果ですね!!

 

約4割の方が投資経験が初めという事がわかりました。なぜ暗号通貨には投資経験が初めての人が多いのだろう??

 

私なりに考察してみました。

 

とりあえず、なんとなく思いついた理由を4つ上げてみます。

【1】若い人が多い

まず思いついたのは、前回のアンケート結果(仮想通貨市場と株式市場の年齢層を比較してみた!)でもわかるように、暗号通貨界隈には30代未満の割合が非常に高いということ。昔は本人確認を行わなくてもビットコインが買えちゃいましたので、10代でも簡単に買えるようになってしまっていましたよね。※今は「保護者の同意」がなければ開設できないようです。

 

 

とはいえ今でも、胃もたれしそうな契約書を書く必要は無いし、本人認証も出会い系サイトと同じくらい簡単です!

【2】ボラティリティが大きい

暗号通貨はなんといっても「一攫千金」が狙える!これは最大の魅力ですね!「ギャンブル好き」にはたまりません。投資家層とは少し違った人たちも興味を持ったのではないのかな?

 

 

※NEM(XEM)は0.2円だった時代もあるそうで・・・。あの時10万円買っていたら、1000万になっているわけで...。

NEM/XEMのチャート

【3】銘柄選びが簡単

日本一取り扱っている銘柄が多いコインチェックさんでも銘柄はこれだけ。

 

コイチェック取扱い通貨一覧

全12銘柄です。このコインの解説もそれぞれ1ページ程度に簡単にまとめられていて、それで銘柄を判断するという単純な売買です。

 

それに比べ株式投資は日本株だけでも約3800社もあり「日経平均・四季報・IR」や「PER・PBR」など様々な指標が存在します。暗号通貨と比べると、とても大変です。

 

↓まだ未登録の方はこちら↓ 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

【4】スキャム(詐欺コイン)が流行った

TwitterのTLを見ていると、スキャムコインに引っかかった人が多いことがわかります。

 

クローバーコイン・ノアコイン・エイダコイン...etc。私の友人も先日「クローバーコインを友人から勧められた」

と言ってました。

 

なにやら「マルチマーケティング」や「バイナリーオプション」などの界隈で広まったようですね。詳しいことは知りませんが、そんな詐欺コインを通じて暗号通貨を知り参入してきている層も一定数いるようです。