仮想通貨・ビットコインは法定通貨の代わりになることは無い

FiatMoney

 

「ビットコインが世界の基軸通貨になる」

「なんでBTCではなく、日本円で利益を計算するの?」

 

なんてツイートをよく拝見します。

 

しかし、私はBitcoinを含むNEM・Ethereumなど、非中央集権型の仮想通貨が基軸通貨になるとは、とても思えません。

 

今回は私が推してるNEMを含む仮想通貨全体を批判的に考えてみたいと思います。

 


経済活動を促す信用創造

信用創造という言葉を耳にしたことはあるでしょうか。

 

銀行仕組みですが、預金されている現金を貸し付けて、貸し付けたお金がまたその銀行に預金されます。

 

これは銀行の帳簿上で預金通貨と呼ばれるものが新しく生み出されているのです。

その預金通貨をさらに貸し付けて預金通貨の預金通貨が生み出されています。

 

こうやって銀行の預金残高はどんどん増え続けているんです。しかし、これは経済を促すうえでとても重要な役割を果たしています。

 

銀行が一般家庭や企業に貸し付けを行う事はとても健全な経済活動です。日本円の現物は紙なので、データ上の通貨は仮想通貨ですから、現物で要求されない限り、いくらでも他銀行と取引をすることができます。

 

銀行の中の預金データだけが行ったり来たりしているのです。これをブロックチェーンで行うと、どうなるでしょうか。

 

架空のデータだけなら増やす事は可能かもしれませんが、他銀行に送金する時には現物が必要になります。

現物とは仮想通貨のデータ(BTCなど)そのものです。

 

日本円であれば資金不足になった時に日本銀行が助けてくれます。しかし、仮想通貨の場合は自由に発行することもできないので日銀も資金不足に陥り、銀行が破綻してしまうことだって考えられます。

 

日本円なら少しインフレを起こせば政府の借金の負担を下げ、税収を上げることだってできます。

これは銀行だけでなく、日本国を守ることにも繋がります。

 

ビットコインなどではそれができないのです。

これでは法定通貨の代わりを務めるのは、ほど遠いと思います。

 

ギリシャの財政危機もユーロではなく、自国の通貨であったならば破綻する前に手を打つことができたのではないでしょうか。


法定通貨にブロックチェーン技術を採用したらどうなる?

実は「中央集権のトークンであれば法定通貨に向いているのではないか?」と、思っています。

 

中央銀行がトークンをプールして、流通させるお金の量をコントロールすることができますし、銀行へのサポートも容易に行えます。財政危機には政府が介入する事もできますし、発行したトークンには透明性があるのでとても安心できます。

 

国連が「安倍が円安誘導してないか」なんて監視することだってできます。

 

また、政府が自国のお金の流れを監視する事ができるので、国の財政課題もわかりやすくなるのではないでしょうか。

 

偽札も作れませんし、脱税だって困難です。このように考えていくと「Tether」や「ZEN」などが本来の法定通貨のあるべき姿なのではないのかな?と思っています。

 

私がイーサリアムやNEMなどのプラットフォーム型の仮想通貨に期待しているのはこのような部分も含まれています。

 

基軸通貨にはならなくともイーサリアム、mijin、NEMで協力して世界各国、自国のトークンを作ることも可能なはずです。そうなるとmijinは国連に差し出さないといけないのかなw

 

まぁ、ともかくCOMSAで発表されたカタパルト機能の一部である「アグリゲートトランザクション」を活用すれば、自国トークンだけで世界中で決済することだって夢じゃないはずです。

 

さらに、分散型台帳で住民票が管理され、スマートコントラクトで土地が登記される。選挙や株主総会の決議ではNEMの「Voting」が活用され、不正の無い完全な民主主義が出来上がる。

 

自国に経済力が無い場合はトークンを生成しても流通させられないので、そこらへんはビットコインが活用される。

 

こんな夢のような話が、やろうと思えばすでに可能になっているんですよね。

これってすごい。

 

プラットフォーム型通貨の将来性については下記記事をご覧ください。