NEMの特徴やできることは?ビットコインやイーサリアムと比較してみた

NEMのロゴ

仮想通貨で人気のあるNEM(XEM)について将来性や特徴を紹介します。投資されるかた必見!安心して取引できるオススメの仮想通貨取引所も合わせて紹介しますので参考にしてみてください。

NEMとは?他の仮想通貨との違いと特徴

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)と同じ暗号通貨の一つです。


通貨名:NEM(ネム)

通貨単位:XEM(ゼム)

 

他の暗号通貨との大きな違いは、重要性スコアを決めるアルゴリズムにあります。

 

ビットコイン(BTC)はPOW(Proof of Work)という重要スコアを決める方法を採用していますが、NEM(ネム)はPOI(Proof of Importance)を採用しています。

 

簡単にお伝えすると、電力をたくさん使ってトランザクションを処理する人(POW)よりも、たくさんXEMを使って経済活動を促す人(POI)の方が重要スコアが高くなるという仕組みです。

※トランザクションを処理することをビットコインでは「マニイング」と呼び、NEMでは「ハーベスト」と呼びます。

重要スコアが高い人ほどハーベストに成功し成功報酬が得られる確率が上がるので、ビットコインはたくさん電力を消費するのに対し、NEMはたくさんXEMを使って経済活動を促した人が報酬を得られる仕組みになっているので、環境に優しいエコシステムでありながら経済活動も活発化される仕組みとなっているのです。

※これは全暗号通貨の中でもNEM特有の仕組みです。

通貨としての将来性とビットコインとの比較

NEMが通貨として優れていくのはこれからです。

 

ビットコインのトランザクション処理が最大7tpsに対し、NEMは2tpsです。

 (tps:1秒間に処理されるトランザクションの単位)

 

しかし、2017年夏以降に実装される予定である「カタパルト(Catapult)」の処理能力はプライベートチェーン「mijin」の実証実験で4000tpsを記録しました。もし、NEMも4000tpsと仮定するなら「Ripple」の3倍~4倍の処理速度であり、全世界で一番多くのクレジット会員数を誇る「VISA」の平均スループットに匹敵するほどの能力です。 

 

NEMはすでにクレジット決済を行うのと同じスピードで決済や海外送金ができる環境が構築されつつあることが解ります。

 

また、NEMは発行上限が約90億(8,999,999,999)と決まっており希薄化しないうえ、その全ては発行済みです。そのため、発行枚数が徐々に増えていく通貨とは異なり、NEMを保有または使用する人が増えれば増えるほど、価値は必然と上がっていきます。

プラットフォームとしての将来性とイーサリアム比較

NEMの特徴は通貨だけではなく、プラットフォームとしても優秀です。

 

イーサリアム(Ethereum)同様に独自トークン(仮想通貨)を作ることができます。

 

イーサリアム(Ethereum)をドメイン取得からサーバー構築、決済システムまで自分で作るオリジナルのECサイトに例えるなら、NEMはアマゾン(amazon)に出店するイメージです。

 

NEMはAPIを提供するようなイメージで「ネームスペース」と「モザイク」でトークンを簡単に作成できるのです。

 

要するにイーサリアムではトークン開発者の技術力により不具合が起きる可能性があるのに対し、

NEMでトークンを作成した場合はコア部分はNEMに依存するため、不具合が起きにくい仕様となっています。

 

最近テックビューロがICOソリューション「COMSA」を発表しましたが、ここでICOするトークンはNEMをベースにして作られるため、NEMを活用したトークンはさらに勢いを増して行くことが解ります。

まだまだ伸びる?!時価総額から将来の価値を計算

NEMチャート(2017年4月~8月25日)
NEMチャート(2017年4月~8月25日)

2017年4月1日には2円だったXEMの価格ですが、8月25日には28円を超えています。

 

実に5か月で10倍以上になったわけですが....

それでもNEMの時価総額は3000億程度です。これはビットコインの20分の1、イーサリアムの10分の1程度にすぎません。

 

ビットコインは通貨として、イーサリアムはプラットフォームとして先行しており、先行優位である仮想通貨を上回ることは容易でありませんが、前述によりビットコインともイーサリアムとも異なる通貨であることは、お分かりいただけたと思います。

 

個人的には両コインにも勝るポテンシャルを秘めていると考えています。

 

通貨としてビットコインと同等の価値まで上昇すると考えるなら「1XEM=600円」プラットフォームとしてイーサリアムと同等の価値まで上昇すると考えるなら「1XEM=300円」です。

 

夢が膨らみますね。

※投資は自己判断でお願いします。

実はこんな事もできる~NEMのスゴイところ~

■アポスティーユ (Apostille) 

 

アポスティーユとは証明書発行ツールです。ブロックチェーン上に書き込む事で改ざんできない契約書・証明書を発行することができます。仕様用途は多種多様で下記のような活用が可能です。

  • 土地やアート、写真、宝石、特許、音楽、自動車といったようなあらゆる所有権の登記。
  • 議事録や契約書、メール、ツイート、音声記録、ログ、タイムカードなどのタイムスタンプ記録。
  • 売り上げデータや会計データなど、後に監査が必要となる情報の記録。

 

■ネームスペース・モザイク

 

あなた独自のトークンを発行する機能のことです。

例えば企業独自の仮想通貨を発行してICOすることもできますし、Tポイントようなお店のポイントを作ることもできます。

 

■マルチシグ

 

マルチシグアドレスにお金を入れると、そのアドレスからお金を引き出す時に、他の参加者に許可を求めるリクエストが自動的に送られます。ちなみに、仮想通貨取引所「Zaif」にもマルチシグが使用されています。

 

顧客の預かり金をマルチシグアドレスにプールし、顧客へ送金する際には「担当者」「管理者」「責任者」など、複数の許可が無いと出金ができない仕様にするなど社内のセキュリティとして活躍しています。

 

取引所だけでなく、企業の運営資金を銀行口座の代わりにマルチシグで管理する事も可能です。

 

■Voting

 

ブロックチェーンを活用した投票を行うことができます。

ブロックチェーンによる「改ざんできない投票ツール」であるため政界や株式市場でも活用されることが期待されています。

NEMを安く買いたいならZaifで買おう!

NEMを取り扱っている取引所は国内に2社「コインチェック」と「Zaif」です。

 

コインチェックは販売所ですから、取引所のある「Zaif」で購入した方がお得に買うことができます。