仮想通貨の大暴落(下落)も長期で見たら些細な出来事

車のセール画像

目先の価格を追うのは辞めよう

あなたはチャートを見て明日上がるのか・下がるのか予想ができますか?

 

私はほとんどわかりません。

ちなみに、私はチャート分析を一切信用していません。

 

少しでも安く買うならタイミングは重要ですから、もちろん知っていて損は無いと思います。

しかし、チャートは壊れるものです。

 

統計的に「こう動く確率は高い」と予測はできるかもしれませんが、仮想通貨はとても小さな市場です。

 

先日、私がNEMを購入した時は一人の取引だけで10.3%価格が動きました。

※NEMは時価総額10位以内の通貨です。

 

株式と違ってストップ高も無ければサーキットブレイカーも無いので、ちょっとしたニュースでも短時間で50%・60%値上がり(値下がり)することだってあります。

 

Zaifトークンが憶測と噂だけで1週間で25倍も高騰したのは記憶に新しいと思います。

 

このように、チャートを見ていても暴騰暴落は日常的に起こります。一日中PC画面に張り付くのは、一般的な社会人には不可能ではないでしょうか。

 

あなたが将来的に仮想通貨市場全体の時価総額が上っていくと思えるのであれば、短期的な取引はせず長期ホールドをオススメします。

今の値動きは“幻”なんだと心得よう

2016年6月ビットコインチャート

これは2016年6月のビットコインのチャートです。

 

60,000円~83,000円と値動きが激しいですね。

そして、次にお見せするのは2017年8月のビットコインチャートです。

2017年8月ビットコインチャート

1年以上経ってもやはり値動きが激しいですね。

しかし、今2016年を振り返ってみたらどのように感じるでしょうか。

2016年ビットコインチャートの振り返り

2016年6月時点では「ビットコインって値動きが激しいなぁ」と思っていましたが、今思えば大したことありませんでしたね。

 

ほぼヨコヨコです。結局、今思えばいつ買っても良かったってことですよね。

 

さて、次はちょっと未来に行ってみましょう。

 

ビットコインが300万円になったら今のチャートはどうなるでしょうか?

将来のビットコインチャート

ビットコインが300万円になったら、今のチャートはこうなります。

 

ビットコインの将来性でもご説明した通り、ビットコインは300万円どころか1000万・2000万になると予測されていますので、今の値動きに一喜一憂してても「疲れるだけ」だと個人的には思っています。

  

ちなみに、仮想通貨はビットコインだけではありません。アルトコインにも興味がある方は合わせて、こちらもご覧ください。

仮想通貨取引所ランキング

人気記事

ビットコインはもう古い!これから上がるオススメの仮想通貨ベスト3
NEMネムの特徴や将来性、ビットコイン・イーサリアムとの比較
これから仮想通貨を始める方に伝えたい投資リスクと対処法
ブロックチェーン技術で変わる未来と仮想通貨の将来性
日本で買える仮想通貨 全14種類の特徴と使い道
仮想通貨ブログホームへ戻る

AKANEM