仮想通貨の投資リスクとは?~値下がり・流動性・技術・税金など~

RISKの写真

ブロックチェーン技術は「国に管理されないお金」を作り出しました。

 

仮想通貨に投資をして「資産が大きく増えた」という人の話は今やテレビでも雑誌でも良く聞くようになったのではないでしょうか。

 

しかし、仮想通貨界隈は仮想通貨アンケート(仮想通貨に投資するのはどんな人達なのか?)で判明したように、約4割の方が投資経験が無く、株式投資やFXなどと比べ初心者が多いのが現状です。

 

今回は投資経験の少ない方へ向けて「仮想通貨投資へのリスク」について考えてみました。

目次

知っておくべき4つのリスク

  • 値下がりリスク
  • 流動性リスク
  • 技術的リスク
  • 税金のリスク

それぞれどんなリスクがあるのか解説していきます。


値下がりリスク

価格(コインの価値)が下がるリスクを指します。コインは時価で取引されますから上がることも下がることもあります。

 

仮想通貨には購入後に資産が減ってしまう(元本割れ)リスクがあります。この点が銀行預金との大きな違いでしょう。

 

しかし、株式投資の場合には会社が倒産してしまうと投資資産はゼロ円になって終わりですが、仮想通貨の場合は20万円が1万円の価値にまで下がってしまったとしても、通貨が存在している限りは0円にはならないため、「将来的には価値が戻る可能性」もあれば「資産が増える可能性」もあります。

流動性リスク

流動性リスクは、コインを現金に換金するまでのリスクです。売ることができなければコインは現金になりません。

 

あまり取引が活発でないコインは注意が必要です。取引が少ない場合には思いがけない安値で売るしかない場合もあります。

 

ビットコインやイーサリアムなど主要の通貨であれば数百万円程度の資金でも問題ありませんが、ランキング10位以下のコインは数十万でも数%価格が変動してしまう場合もありますので注意が必要です。

 

また、仮想通貨はフィアットマネー(日本円)への換金要素もありますが、主にBTCが基軸通貨となっているため、BTCへ換金するケースの方が多いかもしれません。ですから、日本円だけではなくBTCとの流動性も考える必要があります。

技術的リスク

これはの仮想通貨特有のリスクです。

 

仮想通貨のコインに使用されているのは主にナカモトサトシが発案した「ブロックチェーン技術」と呼ばれるものです。これはあくまで技術なので、不具合やバグは付きものといえます。

 

2016年にはTheDAO事件によりDAOの価値はゼロになり、プラットフォームのEthereumにも大きな打撃を与える事件が起こりました。

 

しかし、株式市場でもシャープや東芝、JAL、タカタなど株式市場でも企業の破産は日常茶飯事ですので、それと比べると資産がゼロになる可能性は株式投資より安全だと思います。※個人の主観です。

税金リスク

国税庁:ビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1524.htm

 

所得税法36条に基づいて課税されることが確定しました。ようするに、飲食店でのビットコイン決済も課税されますし、ビットコインからアルトコインへ取引しても課税されます。

 

課税額は一律10%の住民税に加え、利益額に応じて下記の通り課税されます。

 

■~195万円

所得税5% 控除額0円

 

■195万円~330万円

所得税10% 控除額97,500円

 

■330万円~695万円

所得税20% 控除額427,500円

 

■695万円~900万円

所得税23% 控除額636,000円

 

■900万円~1,800万円

所得税33% 控除額1,536,000円

 

■1,800万円~4,000万円

所得税40% 控除額2,796,000円

 

■4,000万円~

所得税45% 控除額4,796,000円

 

ただ、タックスアンサーがでたとはいえ仮想通貨は新しい市場です。

いつ税法が変更されるかわかりませんので、常に国税庁からの発表には目が離せません。

個人的にはこれ以上悪くなることはないと思っていますが....どうなんでしょ。


以上が仮想通貨投資における「4つのリスク」となります。ただでさえ仮想通貨はボラティリティの大きな市場です。しっかりリスクを把握した上で自己責任で取引を行いましょう。

 

仮想通貨にはリスクに見合うだけのリターンがあります。投資は「上がる」か「下がる」かしか無いので確率でいえば「儲かる」のも「損する」のも5割です。これだけならギャンブルです。

 

しかし仮想通貨は「国に管理されないお金」を作り出したことにより、新しい経済圏を創出しました。世界のフィアットマネーに比べると仮想通貨は1000分の1にも満たない極小さな市場ですから10年先には10倍、100倍になっていてもおかしくない投資先と言えるのです。

 

宝くじを買う感覚で、少額の余裕資金で購入しておくだけで老後の生活資金を確保できるかもしれません。銀行に貯金をしていてもお金は増えませんので、新たな貯蓄先として検討してみてはいかがですか?